ニュースリリース
ニュースリリース

2017年度特別用途食品日中交流会議は北京で開催しました

2017年5月10日に、「2017年特別用途食品日中交流会」は北京で開催されました。今回の大会は、中国栄養保健食品協会に指導され、北京華衛医薬株式会社に主催されて、「医薬分野·Professional managers」雑誌に共催されました。

今回の大会に出席して頂いた国家食品医薬品監督管理総局のもと副局長辺振甲さん、中国健康教育中心三級職員馬愛寧さん、北京協和病院一般外科の副主任于建春さん、中国栄養保健食品協会の秘書長劉学聡さん、中国栄養保健食品協会特別用途食品応用専門委員会主任委員石漢平教授さん、日本メディカルニュートリション協議会の会長川口晋さん等の日中両国の業界協会、臨床栄養専門家学者、特別用途食品業界のリーダーは、大会で自分の意見を言い出し、特別用途食品に対する理解と経験をシェアし、特別用途食品業界の交流と検討を行い、一緒に日中両国の特別用途食品会社が発展機会を探すことに力添えをしました。

 

中国で特別用途食品は市場の潜在力が巨大ですから、会社はチャンスとチャレンジに直面します。

 

中国が次第に高齢化社会に入って、中国国民の臨床栄養に対するニーズがだんだん増えることにつれて、中国の特別用途食品は市場の潜在力が巨大で、社会からの広範な注目を受けます。

「医薬分野·Professional managers」雑誌のエグゼクティブ・プロデューサー譚勇さんは今回の大会のホストとして、「特別用途食品が広範な注目を受ける理由はその特殊な歴史背景です。第一、コンプライアンス、イノベーション、国家化と精密医療の発展につれて、中国の医薬業界はもう新しい段階に入って、一部分の医薬会社はトランスフォーメーションして、大健康分野に入ります。第二、特別用途食品の出現は病院と薬局以外の新しい消費ポートを作り出し、公衆自主のニーズです。第三、国家がアジュバントに対する管理とコントロール、健康保険の調整も、医薬業界の変革を引き起こします」をシェアしました。

 

「医薬分野·Professional managers」雑誌のエグゼクティブ・プロデューサー譚勇さん

 

国家食品医薬品監督管理総局のもと副局長辺振甲さんは、「臨床医者さんの治療理念の変化は、特別用途食品の推進、疾患の抑制、健康の改善に巨大なベネフィットをもたらします」を強調しました。

2015年から、中国国家食品医薬品監督管理総局は一連の特別用途食品に相関する政策規制を公布しました。2017年4月に、CFDAは特別用途食品登録管理部を成立して、特別用途食品登録管理の新段階を開きました。この一連の措置は特別用途食品の発展に対して積極的な意味があります。しかし、製品が基礎研究、処方設計、研究開発製造、臨床試験と流通応用等の方面で中国政策規制の要求する有効性、安全性と標準化に符合することをどのように確保するのは、業界内各会社が直面する問題になります。

 

国家食品医薬品監督管理総局のもと副局長辺振甲さん

 

中国健康教育中心三級職員馬愛寧さん

 

中国は特別用途食品に対して、申請者の資格等の五つの方面から厳しい管理を実施します。

 

中国栄養保健食品協会の秘書長劉学聡さんは、中国の特別用途食品に相関する管理法規の歴史と現状、核心の意味及び監督管理機関を詳しくシェアし、「CFDAは特別用途食品登録管理部を成立して、特別用途食品登録管理の新段階を開きました。将来には特別用途食品に対して、申請者の資格条件、審査評定プログラム、ラベル·マ—ク·注記、臨床試験、監督検査の五つの方面から厳しい管理を実施します。」を紹介しました。そして、秘書長劉学聡さんは特別用途食品業界の未来を展望して、特別用途食品の市場が広いと信じ込んでいました。

 

中国栄養保健食品協会の秘書長劉学聡さん

 

ネスレ健康科学株式会社の法規部長王俊杰さんは、シェアレポートの中で、「特別用途食品はもう食品類に定義されて、特殊な食品です。特別用途食品の登録管理方法はもう公布しました。将来に経腸栄養医薬品は次第に特別用途食品になります。ますます多くの特別用途食品は発売し、患者さんにゴスペルをもたらします」を指摘しました。

 

ネスレ健康科学株式会社の法規部長王俊杰さん

 

宣伝の強化、政策の実行、及び製品の研究開発は、中国特別用途食品が発展する必要な手段です。

 

中国の腫瘍には「高発病率、低生存率、治療を重視、支持を軽視」の特徴がありますが、生存率はただ30.9%です。そして、腫瘍に対して、「栄養は腫瘍の増大を促進する」、「飢餓で腫瘍を殺す」、「偏食」等多くの誤解があります。

中国栄養保健食品協会特別用途食品応用専門委員会主任委員石漢平教授さんは、「栄養療法は手術、放射線治療、化学療法及びその他の治療と同様に重視されるべきもう一つの治療法で、患者さんの基礎治療法または第一選択治療法になるべきで、本物の統合的治療法です」を表示しました。その他に、石汉平教授さんは「栄養の科学普及と宣伝を強化し、栄養の専門教育を強めて、国家のインセンティブ政策を実行し、もっと良い製品を研究開発することは、中国特別用途食品の発展を促進する必要な手段です」を指摘しました。石漢平教授さんは、栄養治療法ができるだけ早く第一選択治療法になることを希望しました。

 

特別用途食品応用専門委員会主任委員石漢平教授さん

 

日本の特別用途食品の応用情況は、栄養管理が患者さんの治療とリハビリテーション中で重要な位置を占めることを良く証明します。

 

今回の大会で日本からの臨床栄養専門家学者、特別用途食品業界のリーダーもシェアをしました。

日本メディカルニュートリション協議会の会長川口晋さんは、日本特別用途食品の現状と未来をシェアして、日本特別用途食品の分類、応用情況、管理規制の変化を詳しく紹介して、画像でとろみ調整食品、総合栄養食品等の製品の評価標準と研究ディテールを説明して、日本の同業者が製品に立派な上にも一層立派にすることを参加者に感じさせました。

 

日本メディカルニュートリション協議会の会長川口晋さん

 

日本からの有名な臨床栄養士宮澤靖教授さんは、豊富な症例で日本特別用途食品の臨床上での使用経験を紹介ました。詳細なデータと画像は、臨床栄養管理が患者さんの治療とリハビリテーション中で重要な位置を占めることを参加者に感じさせました。

 

日本近森病院臨床栄養士宮澤靖教授さん

 

その他に、この大会に参加する会社も自社の製品を積極的に紹介しました。今回の日中交流会を通じて、日本の同業者は中国特別用途食品の巨大な市場潜在力を見ましたが、中国の同業者は日本優秀な製品に興味が生まれました。

 

南通キューピー食品有限公司栄養本部長佐藤健治さん

 

 

上海大塚食品有限公司海外事業部史冠華さん

 

主催方の北京華衛医薬株式会社董事長関青偉さん

 

この交流プラットフォームによって、必ず多くの商機と優秀な製品が生まれて、業界と患者さんにベネフィットを獲得させます。会社に対して、これは新しいチャンスとチャレンジです。だから、会社は理念を更新し、供給を高め、品質を重視しなければなりません。科学的に栄養を補充し、健康的に生活し、中国夢を実現します!

 

 

北京華衛医薬有限責任公司 著作権すべて(C)2018ネットサポート 中国化学網 グローバル化学網 商売宝 著作権声明  京ICP备15053919号